fine

施術を受けてラクになった後は、当然ラクな状態をキープしたいですよね?

そのためのポイントはいくつかありますが、、、
その中でも「通院への意識」というのは極めて重要です。

通院への意識とは「何のために通院するか?」という目的意識のことです。

当然、はじめは痛みやコリなどの「不調」をラクにするために通院される方がほとんどでしょう。これは自然なことです。

しかし、ある程度ラクになってきたら
【ラクな状態をキープするために通院する】というメンテナンスの意識も持つことをオススメします。

どう違うの?かと言うと、、、

「不調をラクにするため」というのは「不調」に意識が向いています。

一方、「ラクな状態をキープするため」というのは、「ラクな状態」に意識が向いています。

言葉にすると同じことのようですが、意識が向いている対象は正反対です。(前者は不調に、後者はラクな状態に意識が向いています)

エネルギーは意識を向けた方へ働くため、ラクな状態をキープするためには、「ラクな状態をキープする」という意識を持って通院したほうが効率的なのです。

ちなみに「痛くなったら施術を受けに行こう」という考え方は、「痛み」に意識が向きやすくなってしまうため、結果として痛みが出てきやすくなります。

心当たりのある方は気をつけてみてくださいね^^

 

<補足>
「不調をラクにしたい」という意識がダメなわけではありません。

ただ、それだけよりも「ラクな状態をキープする」という意識も持ったほうが、施術後の調子の良い状態が続きやすいという話です。

 

net-yoyaku

net-yoyaku