感情療法とは、心や身体のトラブルの原因となっているストレスやアレルギーなどを解放する療法です。

セッションでは、ストレスやトラウマのような心のトラブルから、身体の症状まであらゆる悩みを対象におこないますが、感情療法ではマニュアル的な手順は一切ありません。

なぜなら、同じような悩みであっても、原因は人により異なるからです。

そのため、感情療法では『検査』を非常に重視しています。

肩こりであれば、原因はストレスなのか?アレルギーなのか?ゆがみなのか?
ストレスであれば、いつ?誰に対する?どのような感情が原因なのか?

これらの原因を正確に突き止めることが、セッションの効果を大きく高めます。

 

カラダに訊く検査

実は、心や身体のトラブルの本当の原因は、頭で考えているものとは違っているケースが多いのです。

旦那に対するストレスの奥底に「幼少期のトラウマ」が関係していたり、 原因不明の胃痛の原因に「アレルギー」が関係していたり、というように自分では思いもよらなかったことが影響していることがあります。

そこで、感情療法では“カラダに訊く”という検査を用いることで、頭で考えてもわからない部分にまで踏み込んで原因を探っていきます。

この検査は『筋肉反射テスト』と呼ばれるもので、カラダ(潜在意識)に質問を投げかけ、 それに対する筋肉の反応を捉えることで、心や身体の悩みの真の原因を突き止めていきます。

ちなみに、一節によると潜在意識は顕在意識の100万倍以上もの情報量を有していると言われています。

つまり、私たちが自分の頭(顕在意識)で理解していることより圧倒的に多くのことを身体(潜在意識)は理解してくれているのです。

 

筋肉反射テストの特長

筋肉反射テストの優れているところは、ストレスやアレルギーのような目に見えない要素についても調べられるところです。

 

①本当の気持ちがわかる

頭で思い描いている気持ちは、実は本当の気持ちではないことがあります。
たとえば、旦那に「怒り」を感じてる!と自分では感じていたとします。

しかし、筋力反射テストで身体に訊いてみると、実は怒りではなく「悲しみ」だった、ということがあります。

このように表面的なストレスの奥にある本当の気持ちを突き止められるため、 カウンセリングだけではわからない真のストレスに辿り着くことができます。

 

②目に見えない要素についても調べられる

整体やカイロプラクティックでは、肩こりや腰痛は身体の歪みや筋肉の緊張が原因とされることがほとんどです。

しかし、実はさらに深いレベルまで探っていくと、ストレスやアレルギー、思い込みなども関係していることが多いのです。

筋肉反射テストでは、それら目に見えない要素についてまで調べることができるため、より根本的な部分からの改善が可能です。

 

③その他

他にも質問次第でいろいろなことが調べられます。
たとえば、

  • 今、使っているサプリメントや化粧品が自分に合っているか?
  • 足りない栄養素は何か?あるいは摂り過ぎているものは何か?
  • 枕は身体に合っているのか?合っていないなら、高くすればいいのか?低くすればいいのか?
  • 温めたほうがいいのか?冷やしたほうがいいのか?
  • 運動をした方がいいのか?休んだほうがいいのか? etc.

というようなことも、カラダに訊くことができます。

上記のような質問は、人により症状によりタイミングにより正解が異なります。そのため、その人自身のカラダに訊くほうがより適切な答えが得られます。

 

 

net-yoyaku

net-yoyaku