sake

「最近、急にお酒に弱くなったんです」というご相談を受けることがあります。

30代後半から40代の方に多いので、みなさん歳のせいだと思われるのですが、

加齢によるアルコール分解機能の低下であれば、急にではなく徐々に弱くなっていくイメージです。

それに対して急に

  • 悪酔いしやすくなった
  • 翌日にお酒が残ることが増えた
  • 酔いが回りやすくなった

ということであれば、年齢以外に原因がある可能性あります。

その原因とはお酒に対するアレルギーです。

ビール、日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキーなどのアルコール類を、ストレスを感じながら飲んでいると、

どこかのタイミングでカラダがお酒に対して拒絶反応を起こすようになってしまい、急にお酒に弱くなってしまうことがあるのです。

この場合、お酒に対する拒絶反応(アレルギー)をリセットしてあげれば、問題は解決します。

基本的に、アレルギーの解除には、

  1. 原因となっているストレスの浄化
  2. アレルゲンに対する拒絶反応のリセット

の2つのステップが必要です。

それらを感情療法でリセットするまでの時間には個人差がありますが、当オフィスの経験では、お酒1種類のアレルギーにつき、30分以内にリセットできることがほとんどです。

年末年始など、お酒を飲む機会が増える方は、このようなお酒のアレルギーをリセットしておくだけで、悪酔いする可能性がグンと低くなりますよ~

 

追伸
ストレスを感じながら酒を飲む癖がついている方は、一度リセットしても再発してしまいやすいです。

なるべく、お酒はイライラしながらではなく、楽しい気分で飲みましょうね^^

 

net-yoyaku

net-yoyaku