京都 整体オフィス空流 急にお酒に弱くなった

「最近、急にお酒に弱くなったんです」というご相談を受けることがあります。

30代後半から40代の方に多いので、みなさん歳のせいだと思われているのですが、加齢によるアルコール分解能力の低下であれば、急にではなく徐々に弱くなっていくのではないでしょうか?

つまり、最近になって急に

  • 悪酔いしやすくなった
  • 翌日にお酒が残ることが増えた
  • 酔いが回りやすくなった

ということであれば、年齢のせいではなく、他に原因が存在する可能性が考えられます。

お酒のアレルギーになる!?

加齢による問題ではなく、急にお酒に弱くなってしまったという場合、お酒のアレルギーの可能性が考えられます。

「お酒にアレルギーなんてあるの!?」と思われるかもしれませんが、当オフィスで見るかぎり、

  • ビール
  • 日本酒
  • 焼酎
  • ワイン
  • ウイスキー

などに対してアレルギーを起こしている方がおられます。

お酒のアレルギーになると、急に悪酔いしやすくなったり、二日酔いになりやすくなったりするようです。

やけ酒に要注意!?

ストレスを感じながら酒を飲んでいると、カラダが酒に対して拒絶反応を起こすようになってしまうことがあります。

これを当オフィスでは「アレルギー」と呼んでいますが、現象としては「条件反射」といったほうが正しいかもしれません。

この場合、お酒に対するアレルギー(条件反射)をリセットしてあげれば、問題は解決します。

アレルギーの解除には、

  1. 原因であるストレスのリセット
  2. アレルギー(条件反射)のリセット

の2つのステップが必要です。

個人差はありますが、整体オフィス空流の感情療法では、お酒1種類のアレルギーにつき、30分以内にリセットできるケースが多いです。

悪酔いしなくなった!

清原個人の体験です。元々、お酒は強いほうで、そこそこ飲んでも気持ち悪くなったりすることはほとんどなかったのですが、20代の後半くらいに急に悪酔いするようになりました。

最初は「ちょっと飲みすぎたかな?」くらいにしか感じていなかったのですが、明らかに以前とは酔い方が違います。

あまり飲んでいなくても毎回のように気持ち悪くなるので、さすがにおかしいと感じて、自分で検査してみたところ、日本酒と焼酎にアレルギーがありました。

考えてみれば、その頃はストレスを感じながら酒を飲むことが多かったので、、、(汗)

というわけで、自分で日本酒と焼酎のアレルギーをリセット。それ以降は、ただの一度も悪酔いしておりません。

お酒を飲むことが多い方は、お酒のアレルギーをリセットしておくと、悪酔いや二日酔いの可能性がグンと低くなります。

ストレスを感じながら酒を飲む癖がついている方は、一度リセットしても再発してしまいやすいです。

なるべく、お酒は楽しい気分で飲みましょうね^^

スマホからタップすると整体オフィス空流に電話できます

インターネット予約はコチラをクリックしてください

整体オフィス空流-くうる-
〒610-1152
京都府京都市西京区大原野北春日町857-2
電話番号 050-1386-3826【完全予約制】

営業時間:10時~20時
定休日:日曜日 /駐車場完備