ippusu

整体オフィス空流の清原です。

イップス」という言葉を御存知でしょうか?

精神面の影響でスポーツの動作に支障をきたし、思い通りのプレーができなくなる症状のことで、最近では阪神タイガースの藤浪選手もイップスで苦しんでいると言われています。

練習では問題なく投げられるのに、試合になると狙ったところに投げられない。ひどく緊張して力が入ってしまう。

技術的には十分可能なパフォーマンスが、メンタル面の影響でうまく出来なくなる。

イップスは野球に限らず、あらゆるアスリートを悩ませる問題で、解決も難しいと考えられています。

さて、今回そんなイップスでお悩みの男性(30代)が来られました。

お話によると、中学生のときに野球で肘を痛め、肘をかばった投げ方をしているうちにドンドン動きがおかしくなってしまい、最終的にはイップスと診断されるまでになってしまったそうです。

練習で遠投するときは問題なく投げれるのに、試合になると急に動きがおかしくなってしまう。

手が冷たくなってきて、うまく力が入らなくなる。そんな状況が10年以上も続いているとのことです。

「イップス」という診断名はさておき、整体オフィス空流には同じような悩みを抱えておられる方が数多く来られています。

特定の場面になると急に動きがおかしくなったり、不安やプレッシャーを感じていまう。

たとえば、

  • 盗塁のときだけ足が空回りする(いつもは問題なく走れる)
  • 試合になると異常に力んでしまう(練習ではリラックスできている)
  • 短距離走の後半だけ脚が空回りする(以前は大丈夫だった)etc.

いろいろな方のケースを見ていると、イップスの方には共通点があるようです。

それは「失敗のイメージ」が脳裏に焼き付いているという点です。

現在のスポーツ心理学にはない考え方ですが、過去に強い心理的ショックをともなう失敗をしたり、何度も繰り返される失敗を経験した場合、

いわば、トラウマのような形で失敗のイメージが頭に焼き付いてしまうことがあります。

すると、同じような場面に直面すると、フラッシュバックのように失敗のイメージが蘇るため、不安や緊張を感じたり、カラダに力が入ったりして急にパフォーマンスが乱れてしまうのです。

そのため、イップスを解決するためには「失敗のイメージ」を消し去る必要があると考えています。

失敗した「事実」は覚えているけど、そのイメージや感覚までは思い出せないという状態を取り戻すと、心も体も一気にラクになります。

今回の男性のケースでは、

  • 送球の失敗イメージ
  • 心配な気持ち
  • 思い込み

などを1時間かけて解消しました。

施術後は嫌なイメージが浮かばなくなり、10年以上も悩み続けていた問題にも関わらず、「なんとなく次は大丈夫かも?」と思えるところまで回復されました。

 

<後日談>
数日後、その後の様子をご報告いただきました。

施術前はグラウンドに入るだけでも怖さを感じたり、手に力が入らない感覚に陥ったりしていたのが、施術後はまったく大丈夫になったそうです。

肝心の送球もほぼ本来のパフォーマンスが発揮できたようで大変喜んでおられました^^

 

net-yoyaku

net-yoyaku