「感情療法の症例」の記事一覧(2 / 3ページ目)

カラダが必要とする頭痛

感情療法の症例

この春に退職されたSさん(40代女性)は頭痛に悩まされることが増えていました。 ストレスが多かった在職中ならまだしも、明らかに肉体的・精神的なストレスが減っているはずなのに、以前よりも頭痛の頻度が増しているということです・・・

骨折が治らない

感情療法の症例

「骨折の後遺症」に悩まされる方がおられます。とっくに骨は治っているのに、何ヶ月たっても痛みが消えないというケースです。 今回ご相談のはYさん(60代女性)は、昨年9月に足の小指を骨折し、病院では全治3ヶ月と診断。 ところ・・・

睡眠障害

感情療法の症例

睡眠に関する相談はよく受けます。一概に睡眠障害といっても色々あって、 寝付きが悪い 眠りが浅い 夜中に目が覚めてしまう その後、寝付けない スッキリと目覚められない などがあり、これらは全て別の症状です。 つまり、寝付き・・・

ぎっくり腰の後遺症を解消する

感情療法の症例
整体オフィス空流 ぎっくり腰 イメージ

京都市西京区の整体オフィス空流です。今回は、ぎっくり腰の後遺症について解説いたします。 重いものを持ち上げたときだけでなく、イスから立ち上がろうとしたときや、ちょっとカラダをひねった拍子などに、「ビキッ」と電気が走るよう・・・

つわりとアレルギー

感情療法の症例

最近、つわり(悪阻)でお悩みの妊婦さんの施術が続きました。 「つわり」といえば、食べると気持ち悪くなってしまう「吐きづわり」や、逆に食べていないと気持ち悪くなってしまう「食べづわり」が有名ですが、その他にも実にさまざまな・・・

ページの先頭へ