kubi 

京都市西京区の整体オフィス空流-くうる-です。

首が痛いという女性(20代)が来られました。後頭部から首の後側が全体的にツライとのことです。

首の可動域を調べてみると、

  • 左右の回旋(横を向く動き)
  • 前屈(下を向く動き)

にも制限があります。

整体やカイロプラクティックにもいろいろな方法がありますが、今回は「どの治療法がいいのか?」カラダに訊く検査で調べてみました。

その結果、「AMCT(アクティベーター療法)が良い」ということだったので、関節のゆがみや神経の流れを整える、このテクニックで進めることにしました。

当オフィスの整体は、症状がある部位だけでなく、全身を整えることでカラダを回復力の高い状態へと導くことを目的としています。

私たちのカラダは全身が複雑に関連しあっているので、一見無関係のように見える足首のゆがみが首に影響していたり、

後頭部のゆがみが腰痛に影響していたり、というようなケースが多々見られるからです。

そこで、足元から頭まで順番に調べていき、膝、股関節、左の骨盤の「関節のゆがみ」と、背中から首にかけての「神経の乱れ」をすべて整えました。

その結果、その場で首の可動域は正常に戻り、また、首の痛みも解消されました。

さて、アクティベーター療法としては、ここで施術を終わっても良いのですが、再発予防のためには、もう一つ解消しておくべきものがあります。

それは、首の痛みの「感覚」です。

症状が慢性化してる方に多いのですが、カラダが楽になった後でも、痛みの「感覚」をすぐにイメージできてしまうことがあります。

この状態だと、カラダを整えてラクになっても、脳が症状の感覚を記憶してしまっているため、再び痛くなってしまいやすいのです。

今回の女性も、首の痛みの感覚をすぐに思い出せてしまう状態だったので、特殊な技術でその感覚をリセットしました。

完全に消し去ることができれば、その感覚を思い出そうとしても不思議と思い出せなくなります。

このように、症状の感覚なんか思い出そうにも思い出せない!というところまで整えておくと、再発の可能性がグンと低くなります。

 

net-yoyaku

net-yoyaku