まだまだ誤解されていることが多いのですが、慢性的な肩こり、腰痛が治らないのは姿勢や年齢のせいではありません。

根本的な問題は、肩や腰などの筋肉が弱ってしまっていることです。

「筋肉が弱る」

あまり聞きなれない言葉だと思いますが、「筋肉が弱る」とは何らかの原因によって、“うまく筋肉に力が入らなくなった状態”を言います。

力が入りにくくなった筋肉は通常よりも疲れやすくなっているため、普段と同じような生活をしているだけでも、肩こりや腰痛になりやすいのです。

この状態だと、筋肉を揉みほぐすだけでは根本的な解決にはなりません。

一時的には楽になるかもしれませんが、筋肉が弱っている(=疲れやすい)状態が改善されていないので、またすぐに肩こり・腰痛が再発してしまうでしょう。

つまり、肩こり・腰痛などの慢性的な痛みやコリを根本的に解決するためには「筋肉を弱らせている原因」を取り除く必要があるのです。

では、筋肉を弱らせる原因とは何なのでしょうか?
代表的なものは「ゆがみ」と「ストレス」です。

 

骨格の歪み

骨盤や背骨をはじめとした骨格の歪みは、肩こりや腰痛の原因になります。

骨格に歪みが生じると、その関節まわりの筋肉の長さが微妙に変わってしまいます。すると、筋肉の中にあるセンサーが異常を感知し、筋肉を弱めてしまうのです。

肩の関節が歪むと、肩まわりの筋肉に力が入りにくくなってしまい、肩こりになる可能性が高くなります。骨盤が歪むと、腰まわりの筋肉に力が入りにくくなってしまい、腰痛になる可能性が高くなります。

※肩こり・腰痛は、骨格の歪みだけで起こるとは限りませんが「可能性」は高くなります。

骨格の歪みが筋肉を弱めているケースでは、ゆがみを解消すれば筋肉は元の強さを取り戻し、痛みやコリも改善します。

骨格矯正は、通常の整体やカイロプラクティックでは、ある程度の力を必要とすることが多いのですが、当オフィスではAMCT(アクティベーター療法)やエネルギー整体によっておこなうため、何をされたかわからないくらいにソフトです。

整体オフィス空流の「骨格のゆがみ矯正」  
足の調整で首の筋肉を緩めています

当然、痛みはありませんし、ボキッと音がなるようなこともありませんので、痛い整体や音がなる矯正が苦手な方もご安心ください。

 

ストレス

一般的な整体やカイロプラクティックなどで身体に対する施術を何度受けても
“一向に症状が改善しない”あるいは“すぐに症状が戻ってしまう”

このような場合、かなりの確率で「ストレス」が関係しています。

怒り、悲しみ、恐怖、不安、イライラ、悔しさ、罪悪感、プレッシャーなど、ストレスを感じること自体は、人間にとって自然です。

しかし、これらの感情をうまく処理できず、「消化不良」に陥ってしまうと、身体にも影響が表れます。

「感情の消化不良」とは、その出来事を思い出すと今でも嫌な気持ちが出てくる状態です。

たとえば、普段は何もストレスを感じていないと思っていたとしても、ある人や出来事を考えたときに、何となくモヤモヤとした嫌な気持ちが感じられるのであれば、それは、過去のストレスが消化されていないことを意味しています。

過去のストレスとは、二日前に感じた「怒り」かもしれませんし、いつもは忘れてしまっているような何年も前の「罪悪感」かもしれません。

感情もエネルギーなので、これらのマイナスエネルギーが身体に溜まったままだと、筋肉を弱めてしまい、痛みやコリの原因になってしまうのです。

整体オフィス空流では、これらのストレスのエネルギーを特殊な技法により解放します。

ストレス感情が解放された後は、同じことを考えてもイヤな気持ちが出てこなくなりますし、弱っていた筋肉も元気になるため、カラダも楽になります。

 

生活習慣とセルフケア

通常の痛みやコリは、歪みとストレスを取り除けば自然と回復に向かいます。

しかし、もし仮に神業的な整体を受けたとしても、あなたの生活習慣がメチャクチャだと回復まで時間がかかりますし、その後も良い状態をキープするのは難しいでしょう。

生活習慣とは主に
・睡眠
・食生活
・運動習慣
の3点です。

さらに、ストレスの感じやすさに影響する「思考パターン」も重要です。

整体を受けるとともに、これらのポイントも改善していくほど、回復が早まったり、良い状態をキープしやすくなったりします。

長年の生活習慣や思考パターンは、一朝一夕で変えられるものばかりではないかもしれませんが、あなたの心身のコンディションに確実に影響します。

そのため、ご希望に応じて生活習慣や思考パターンを改善するポイント、セルフケアの方法についてもアドバイスさせていただいております。

 

 

net-yoyaku

net-yoyaku