整体オフィス空流では「検査」を非常に重視しています。その理由は2つあります。

1つ目は、精度の高い施術をおこなうためです。 当オフィスの整体は非常に小さな力でおこないますが、カラダは大きく変化します。

これは、カラダが施術を求めている部分をピンポイントで突き止めているからです。

どの部分を?どの方向に?どのくらい調整すればいいのか? を正確に突き止めるほど、小さな刺激で大きな施術効果を得ることができます。

そのため、毎回カラダの状態を検査によって細かく調べていきます。

 

2つ目は、施術の効果を御本人にも確認していただくためです。

治療院によっては施術しっぱなしで終わってしまうところもあるようですが、整体オフィス空流では、施術によってどこがどう変わったのかを必ず御本人にも確認してもらいます。

施術前と比べて、首や腰の可動域はどう変わったのか?力の入りやすさはどう変わったのか?

それらを確認してもらい、自分でも「良くなった!」と認識されたほうが、潜在意識レベルから回復モードに入りやすいからです。

では、実際にどのような検査をおこなうのかを紹介いたします。

 

状態を確認する検査

この検査は施術の前後でカラダがどのように変化したかを確認するためにおこないます。

具体的には、首や腰などの動きを調べる可動域検査や筋肉の力の入りやすさを調べる筋力検査などです。

その他にも姿勢を調べる視診や骨格や筋肉の状態を調べる触診などをおこなうこともあります。

★状態を確認する検査★

  • 可動域検査
  • 筋力検査
  • 視診
  • 触診

 

原因を調べる検査

原因を調べる検査とは、カラダの状態を調べ、症状の原因を突き止める検査です。

一般的な治療院では、患部の触診や視診、関節の可動域検査などが主ですが、整体オフィス空流では、神経系の状態やストレスの影響などを調べる検査も必要に応じておこないます。

神経系の状態を調べるアイソレーションテスト、ストレスやアレルギーなどの影響を調べる筋肉反射検査などがこれにあたります。

★原因を調べる検査★

  • ストレステスト
  • プレッシャーテスト
  • アイソレーションテスト
  • 筋肉反射検査

 

アイソレーションテスト

整体の中でカイロプラクティックの施術をおこなう場合、このアイソレーションテストを行います。カイロプラクティックの施術目的は「神経系の流れ」を整えて自然治癒力の働きを高めることです。

しかし、神経の流れは目に見えないので、通常の検査では調べられません。

そこで役立つのがアイソレーションテストです。このテストでは、神経と筋肉の関係を利用することで神経系の状態を調べることができます。

ポイントは、特定の動作が各神経の状態と関連していることです。たとえば、うつ伏せの状態で“両手を腰に回す動作”は「第2腰神経」に負荷をかけます。

アイソレーションテスト
腰の神経の検査です

もし、この神経の流れが乱れている場合、両手を腰に回すと無意識レベルで筋肉が緊張してしまい、足の長さが変化します。逆に神経の流れが正常であれば脚の長さは変わりません。

このように特定の動作を行ったときの足の長さをチェックしながら、一つ一つの神経の状態を調べます。

 

筋肉反射テスト

この検査では、潜在意識の働きを利用して、骨格の歪みやストレス、アレルギー等、あらゆることを調べることができます。

私たちの身体は、自分のカラダに合わないモノを持ったときや、ストレスを感じる状況下においては、一時的に力が入りにくくなってしまいます。

この原理を利用すると実に様々なことがわかります。たとえば、次のようなケースにおいては筋肉に力が入りにくくなってしまいます。

★筋肉に力が入りにくくなるとき★

  • ストレスを感じる人物をイメージしたとき
  • アレルギーのある食材を持ったとき
  • 有毒なものを持ったとき

この検査を用いると、「この肩こりにストレスは関係しているか?」「○○にアレルギーはあるのか?」など、目に見えない要因について調べることができます。

ストレスやアレルギーなど、ゆがみ以外の要因を検査するときには、この検査をおこないます。

 

net-yoyaku

net-yoyaku