ぎっくり腰のクセがついた!?

ぎっくり腰 イメージ画像

京都市西京区の整体オフィス空流です。

慢性の腰痛でお困りの方の中には、何年か前にぎっくり腰をやってしまってから、

  1. ぎっくり腰がクセになった
  2. 慢性の腰痛もちになった

という方が少なくありません。

ぎっくり腰になるまでは、まったく腰痛などなかったのに、なぜギックリ腰を境に腰の調子が悪くなってしまったのでしょうか?

その理由について「心」と「身体」の観点から解説していきます。

次のような方にオススメです

  • ぎっくり腰が癖になっている
  • 腰痛が慢性化している
  • 腰痛がなかった頃に戻りたい
  • 慢性腰痛のメカニズムを知りたい

痛みがなくなっただけで治りきっていない

まず、理解しておいていただきたいのは、ぎっくり腰になった方にとって、痛みが消えた=治ったというわけではないということです。

急性期の痛みこそ消えたけど、カラダの状態としては万全の状態にまで回復していないというケースがあります。

なんとなく腰に違和感がある。重たい。硬さを感じる。つっぱり感がある。スッキリしない。疲れやすい。

など、「痛み」ほどわかりやすいものではありませんが、これらすべて腰に不調を抱えているサインです。

表面上の痛みが消えたことで安心してしまっていたけど、本来のカラダにまで回復していないことが、

何度もギックリ腰を繰り返したり、慢性腰痛が治らない原因の一つです。

腰の筋肉が弱っている

ぎっくり腰になってしまうということは、何らかの原因で腰まわりの筋肉が弱ってしまっているということです。

この場合、

  • 腸腰筋
  • 腰方形筋
  • 殿筋群
  • ハムストリングス
  • 脊柱起立筋

などの筋肉のコンディションを回復させることが、再発予防の必須条件となります。

心のダメージが回復していない

ぎっくり腰や慢性腰痛に限らず、カラダの不調の原因は身体だけではありません。

心と身体は、互いに影響しあっているものなので、心にダメージを抱えていると、カラダのほうも本調子に戻ってくれません。

①トラウマ化しているケース

ぎっくり腰は強烈な痛みを伴うため、その痛みの記憶が脳に焼き付いてしまうことがあります。

ぎっくり腰のときの強烈な痛みの感覚がフラッシュバックする・いつでもパッと思い出せてしまう状態です。

これでは筋肉や靭帯が回復しても、心のほうがダメージを抱えたままなので、なかなか完治に至らないのです。

②ギックリ腰への恐怖が残っているケース

同じような理由で、強烈な痛みを経験したことで、再びギックリ腰になってしまうことへの恐怖心が宿ってしまうケースもあります。

つねに「ギックリ腰にならないように気をつけてなければ!」と感じている状態です。

この場合も、心のほうがトラブルに陥っているままなので、カラダも回復しきらないのです。

ぎっくり腰の再発ループから抜け出すには

何度もギックリ腰が再発する。あるいは、ぎっくり腰になってから腰の調子が悪い。

という状態から抜け出すには、痛みの有無だけでなく、きっちりと腰の状態を回復させる必要があります。

また、ぎっくり腰のイメージや恐怖も完全に解消された状態に、心のほうも回復する必要があるのです。

心身ともに、ぎっくり腰になる前の状態にまで戻すことが、ぎっくり腰の再発ループから抜け出すために必要なのです。

心理的な部分にまで踏み込むという点で、一般的な整体テクニックだけでは難しいです。

エネルギー療法やメンタル面への施術も含めたアプローチが可能な治療院を探されると良いでしょう。

ご予約はコチラからどうぞ

スマホからタップすると電話発信

インターネット予約

今月の営業カレンダー

今月の営業日

整体オフィス空流-くうる-
〒610-1152
京都府京都市西京区大原野北春日町857-2
電話番号 050-1386-3826【完全予約制】

営業時間:10時~20時
定休日:日曜日 /駐車場完備