サポートを受けるのが苦手

2022年1月15日感情療法

今回は、人から支援を受けることに抵抗を感じるといった御相談です。

人に何かしてもらったり、金銭やモノで援助を受けることに対して居心地の悪さを感じる方がおられます。

サポートを申し出てもらえることに対して、ありがたいと感じつつも、なんとなく抵抗感もある…この感覚をスッキリさせるにはどうすればよいのでしょうか。

筋反射テストの結果

抵抗感の原因を筋反射テストで探ってみると、相手とのバランスが崩れるというキーワードに反応が出ました。

これはつまり、何かしてもらう=貸しを作ったような気持ちになり、相手とのバランス関係が悪くなったように感じてしまうというわけです。

一般的には、人から何かしてもらったらお返しをするのが当たり前という考え方が主流です。そのため、何かしてもらって、こちらが何もしないでいると落ち着かない…という方も多いでしょう。

これは当たり前のように思えるかもしれませんが、ちょっと視点をかえてみると別の世界も見えてきます。

すべての行動は自分のためでもある

快・不快のルールという考え方があります。すべての行動は快(楽)を求めるか、不快を避けるために生じるというものです。

たとえば、ボランティア活動は、それによって自己肯定感がアップしたり、感謝されることで喜びを感じたり、という「快」を得ている側面があります。

あるいは、自分は人の役に立っていないとの想い(不快)から逃れるためにボランティア活動に身を投じる場合もあるでしょう。

いずれも相手から何かを返してもらうまでもなく、すでに何かしらのメリットを享受しています。

このように快不快のルールに照らし合わせると、すべての行動は自分のためでもあるということがわかります。

たとえ、無償で1000万円を手渡すという行為であっても、その行為の裏側には本人なりのメリット(快の獲得or不快からの逃避)があるわけです。

そのため、支援を受けた側が「お返ししないと釣り合わない」と重圧に感じる必要はありません。支援した側も、支援した時点で本人なりのメリットを享受しているため、そこで完結しているのです。

お返ししたければするもよし!そうでなければしないのもOK!という世界観です。

実際のヒーリング

という理屈が頭ではわかっても、心がついてこないことがあるのが人間です(笑)

今回ご相談にいらした男性は「してもらったことは返さなければならない」という観念(マイルール/思い込み)に縛られていました。

根深いマイルールは潜在意識下に根付いているため、自己啓発書を読んだりセミナーを受けたりといった思考を介したアプローチでは、なかなか解消できません。専門のカウンセリングなどでも相当の時間を要するケースが多いようです。

一方、感情療法では、エネルギーレベルから感情や観念をリリースするため、圧倒的に短時間でマイルールの書き換えができるところが強みです。

今回は10分ほどのヒーリングで、筋反射テストの反応が消えました。ご本人からは「何かから解放されたような、スッキリした感じがする」との感想をいただきました♪

お返しするのも自由、お返ししないのも自由という状態になれば、支援を受けることに対して居心地の悪さを感じる…なんてことはかなり少なくなるでしょう。

美学?呪縛?

価値観に縛られる

授受還元の法則というものがあります。

活法の先生に教えていただいた言葉で、「受け取ったら与える、頂いたら返すことでエネルギーを循環させていく」という考え方です。

この考え方は、決して己の選択肢を奪う呪縛としての意味ではないはずです。

授受還元の法則を「美学」として生き方の指針にするのか、自分を支配する「呪縛」としてしまうのか?―――同じように見えて、その意味はまったく異なります。

前者は、お返しするorしないの選択肢が見えている上で、主体性を持って「お返しする」という選択を取っています。それが心地よいからです。

後者は、「お返ししなきゃ」いうマイルールに支配され、それ以外の選択肢が見えなくなっています。心地よさではなく、息苦しさを感じています。

あなたのマイルールは、自らの自由を奪う呪縛となっていませんか?

自らを縛るマイルールから解放されて、もっとラクに自由に生きたい!と感じるようでしたら、気軽に御相談くださいませ^^

ご予約はコチラからどうぞ

インターネット予約

スマホからタップすると電話発信

今月の営業カレンダー

今月の営業日

整体オフィス空流-くうる-
〒610-1152
京都府京都市西京区大原野北春日町857-2
電話番号 050-1386-3826【完全予約制】

営業時間:10時~20時
定休日:日曜日 /駐車場完備

感情療法

Posted by yuuki