イップスに悩む中高生に多い3つの傾向と対策

イップスに悩む中高生

当院では競技種目・年代を問わず、あらゆるイップス症状で悩む方からのご相談を受けます。

その中でも、中学生~高校生くらいのジュニアアスリートには、ちょっとした傾向があります。

中高生アスリートのイップス施術の経験からわかってきた、よくある3つの傾向と対策についてご紹介いたします。

1.ストレスで余裕がなくなっている

ストレス過剰

イップスは、メンタル面の不調がもとでパフォーマンスに支障をきたすものですが、いきなりメンタル面が絶不調になるわけではありません。

ほとんどの場合、イップス発症前から慢性的なストレス過剰状態に陥っています。

よく見られるのは、

  • 結果を出さなきゃ
  • 期待に応えなきゃ
  • 怒られるのが怖い
  • 完璧主義

などです。

これらのストレスが重圧となり、心の余裕が少なくなっているときにイップスを発症してしまうケースが多いようです。

逆に、いつも良い気分でプレーできるように心掛けることがイップス予防に繋がります。

◎予防のポイント

まず、気分よくプレーすることの大切さを知ることです。

日本の、特に中学・高校の部活動の場合、まだまだ根性論を美徳とする指導者が少なくありません。

もちろん、真面目に・真剣に・必死にプレーすることも大切ですが、それと同じくらい、ラクに・楽しく・気楽にプレーすることも大切です。

一生懸命やるときはやるけど、緩めるときは緩める。このバランス感覚が大切です。

2.親の心理状態の影響を受けている

心配性

中高生のイップスの場合、両親のメンタル状態が少なからず影響していると思われるケースもあります。

とりわけ、母親のほうがエネルギー的に子どもに影響しやすいようで、お母さんが心配・イライラ・執着心などで心乱れていると、

子どもは無意識レベルで、そのエネルギーを感じ取ってしまい調子を崩すことがあります。

よく見られるのは、

  1. 心配性
  2. 過度な期待

の2つです。

わが子を心配するのは親として当然のことと思われがちですが、残念ながら心配は子どもにとって強力な足枷(あしかせ)となります。

純粋な愛情から湧き出る気持ちは心配ではなく、「○○なら大丈夫!」という信頼です。

また、過度な期待の押しつけは執着心の表れであり、子どものパフォーマンスを低下させる要因となります。

◎予防のポイント

第一に、親のメンタルの乱れが子どもに影響するケースがあることを知ることです。

子どもに対して何らかのストレス(心配・不安・イライラなど)を感じるときは、それ以前に親自身の気持ちが乱れていることが多いです。

親の気持ちが乱れていると、子どもの現状に対して不安や焦りを強く感じます。逆に、親の気持ちが整うと、同じ状況であっても楽観的に受け取れるようになります。

親が自分自身の気持ちを整えることが、わが子にとっての一番の後押しとなります。

3.栄養不良に陥っている

栄養不良

心と体のパフォーマンスを健全に維持するためには栄養面の充足が欠かせません。

とくに、タンパク質、鉄や亜鉛、マグネシウムなどのミネラル群、ビタミン類などが不足すると、メンタルが不調に陥りやすくなります。

食べ盛りである中高生に「栄養不良」と言われてもピンとこないかもしれませんが、成長期はカラダを大きくするためにたくさんの栄養を使うため、心や体の機能維持のための栄養が不足してしまうことがあります。

また、お腹が空くため間食をとることも多いと思いますが、その間食がスナック菓子や甘いもの、インスタント食品などの精製糖質がメインだと要注意です。

これらは栄養価が低いだけでなく、本来カラダにとって必要なビタミン類を消耗させたり、腸内環境を悪化させたりと、言わば「栄養泥棒」となる側面があります。

まったく口にしてはいけないとまではいいませんが、カラダを作る食事もトレーニングのうちと考えると、間食の内容についても気をつけるべきでしょう。

◎予防のポイント

人それぞれ栄養状態が異なるため、決まった解決策はありませんが、ポイントとなるのは、

  1. 栄養の過不足がメンタルに影響すること
  2. 成長期は思ったよりも栄養不良になりがち
  3. 栄養泥棒に気をつけること

の3点に気をつけることです。

ジュニアアスリートで栄養について真剣に取り組んでいる選手はまだまだ少数です。

つまり、栄養面のケアを実践することは、他の選手に対して大きなアドバンテージとなります。

ご予約はコチラからどうぞ

スマホからタップすると電話発信

インターネット予約

今月の営業カレンダー

今月の営業日

整体オフィス空流-くうる-
〒610-1152
京都府京都市西京区大原野北春日町857-2
電話番号 050-1386-3826【完全予約制】

営業時間:10時~20時
定休日:日曜日 /駐車場完備