ぎっくり腰

ぎっくり腰の解説

ぎっくり腰は、医学的には急性腰痛と言われるものです。

突然、腰に激痛が生じる腰痛で、重いものを持った拍子にというものから、軽くカラダをひねっただけで起こるものまで、きっかけは様々です。

また、最初は違和感程度だったものが、徐々に激痛に変わっていくパターンもあります。

一般的な症状としては、

  • 痛くて起き上がれない
  • 真っ直ぐ立つと痛い
  • 前かがみの姿勢が辛い
  • 歩くと腰が痛む
  • 寝返りが痛い
  • 咳やくしゃみが響く

などがあり、重度になると少しの動作であっても激痛を伴うため、日常生活に大きな支障をきたします。

ぎっくり腰の原因としては、

  1. 腰への大きな負荷
  2. 腰の負担となる動作や姿勢
  3. 運動不足による筋力低下

などを指摘されることが多いですが、ほんの少し動いただけで発症するケースもあるように、

必ずしも腰への負担が大きい状況で発症しているわけではないため、明確な原因はわからないとされています。

ぎっくり腰の特徴

ぎっくり腰の特徴

基本的には動作による痛みなので、安静にしているとラクである場合がほとんどです。

また、回復までの期間に個人差はありますが、日にちが経つにつれてラクになってきます。

もし、安静にしていても強い痛みがあったり、時間の経過とともに痛みが増してくるようなケースにおいては内蔵疾患の可能性もあるため、注意が必要です。

当オフィスの考え方

空流の考え方

整体オフィス空流では、ぎっくり腰とは腰の筋肉が弱っていることが本質的な問題だと考えています。

腰まわりの筋肉である、

  • 大腰筋
  • 腸骨筋
  • 腰方形筋
  • 脊柱起立筋
  • 臀部筋群

などが、何らかの原因で調子を崩してしまい、本来のチカラが発揮できなくなった結果、

普段の何気ない動作や姿勢が相対的に過負荷となってしまい、ぎっくり腰が生じるという考え方をとっています。
ぎっくり腰の原因は腰の弱化
上の図はザックリとしたものですが、動作や姿勢による「負荷」が問題なのではなく、

正常時であれば問題ない程度の負荷であっても腰を痛めてしまうほどに、腰が弱っていることのほうが解決すべき問題なのです。

ぎっくり腰の回復に必要なこと

ぎっくり腰の回復に必要なこと

急性期

ぎっくり腰の程度にもよりますが、急性期には炎症が生じている可能性が高いため、安静にするのが一番です。

整体などには自力で立って歩けるほどに回復してから行くことをオススメしています。

施術

基本的に痛みが生じている部位に対して施術をすることはしません。

それよりも、腰を弱らせている「原因」を探し出し取り除きます。骨格や筋肉のバランスに問題があれば、全身のバランスを整えます。

その上で、神経系や経絡系などのエネルギー状態を整えると回復が早まります。

ぎっくり腰が軽度~中程度であれば、施術前よりもラクに動けるくらいまで回復されることがほとんどです。

全身バランスを整えることで患部への負担を減らし、腰を弱めている原因を取り除くことで、自然治癒を後押しします。

栄養

ダメージを受けた組織が回復するためには、十分な栄養補給が必要です。

普段の食事に加えてサプリメントなどで補助的に栄養を満たすことが、ぎっくり腰のダメージからの回復を促進してくれるでしょう。

ケース・バイ・ケースですが、基本的には、

  • タンパク質
  • ビタミンB
  • ビタミンC

をオススメすることが多いです。

タンパク質とビタミンCは細胞の修復に、ビタミンBは疲労物質の除去を助けてくれるからです。

実際の施術

ぎっくり腰 ヒーリング整体

40代男性の症例です。ぎっくり腰になってから数日で回復するかと思いきや、もう一度ぎっくり腰になってしまわれたケースです。

整体コースだったので、まずは全身の骨格と筋肉の状態をチェックします。

  • 股関節
  • 寛骨
  • 仙骨
  • 左ヒザ

に関節の歪みが見られ、さらに大腰筋が弱っています。

また、第4腰神経、第8胸神経、第4胸神経、第5頚神経などに神経根レベルでの振動数の乱れがあります。さらに椎間板にゆがみも生じていました。これは仕事のストレスの影響のようです。

全身をくまなくチェックし、必要に応じて施術&ヒーリングで整えていきます。この時点で、かなり腰がラクになったそうです。

ただ、検査によると、まだ弱っているところがあります。

そこで、ヒーリングを応用して、花粉に対する条件反射のリセット激痛のイメージを除去しました。

最後に自宅でのセルフケアとして、腰方形筋のケアをお伝えして終了です。

当オフィスの場合、平均1~3回ほどの施術で、ほぼ元通りの状態にまで回復するケースが多いです。

※個人差があるため、あくまで一つの症例としてお考えください。

心のケアが必要なことも

ぎっくり腰と言えば、一度なってしまうとクセになると言われることもあります。

一度ぎっくり腰になってから、定期的にぎっくり腰を繰り返すようになったり、腰痛が慢性化したりするケースがあります。

この問題を解決するためには、心のケアが必要なケースが多いです。

ぎっくり腰というショッキングな出来事に対して、身体は回復しても心のダメージが回復していないためです。

ご予約はコチラからどうぞ

スマホからタップすると電話発信

インターネット予約

今月の営業カレンダー

今月の営業日

整体オフィス空流-くうる-
〒610-1152
京都府京都市西京区大原野北春日町857-2
電話番号 050-1386-3826【完全予約制】

営業時間:10時~20時
定休日:日曜日 /駐車場完備

ブログ

Posted by yuuki