ぎっくり腰を解消するポイント

ぎっくり腰の施術1

春先は、ぎっくり腰になってしまわれる方が多いです。

季節の変わり目であることに加えて、環境の変化などのストレスが多くなりやすいことも影響していると考えています。

そんなギックリ腰に対して、整体オフィス空流では、骨格・筋肉・神経系・経絡系などを多層的・段階的に整えて回復をうながします。

ここでは、ヒーリング整体における一般的なアプローチをご紹介しましょう。

弱った筋肉を回復させる

骨盤の施術

ぎっくり腰は、腰まわりの筋肉が弱ってしまっていることが問題の本質です。

そのため、まずは、腸腰筋、脊柱起立筋、臀部筋などを回復させることを目的とした施術を行います。

ベッドに横になれるようであれば、骨盤、腰椎、股関節などを中心に骨格全体をチェックします。

また、腰神経に乱れが生じている場合は、アクティベーター治療器で振動数をリセットします。

骨格や神経系が整うと、関連する筋肉も元気になるので、軽度~中度のぎっくり腰であれば、この時点でかなり症状が和らぐでしょう。

もちろん、炎症や組織のダメージの回復には時間が必要なため、その場でギックリ腰が「治った」わけではありませんが、

患部への負担が軽減されたり、弱っていた筋肉に力が入るようになった結果としてラクになります。

ここで切り上げて様子をみてもいいのですが、ぎっくり腰の施術には、もう一点大切なポイントがあります。

椎間板のゆがみを解消する

椎間板のゆがみを解消

ぎっくり腰が中度~重度である場合、とくに何度も再発を繰り返しながら、なかなか完治にまで至らないときは、

筋肉だけでなく、椎間板にトラブルが生じていることがあります。

この場合、椎間板のゆがみを解消することが完治へ向けての大きなポイントとなります。

もちろん、通常の整体では椎間板にさわることができないので、空流ではエネルギーヒーリングを利用して椎間板を整えます。

経験上、このプロセスがあるかないかで、ぎっくり腰の回復度合いには雲泥の差が生じます。

ぎっくり腰をしっかり回復させたい方は、椎間板にアプローチできる治療院を探されるのがオススメです。

腰痛グセがついてしまった場合は

ぎっくり腰を経験してから、腰の状態が悪くなってしまう方がおられます。

それまでなかった慢性腰痛を抱えるようになったり、定期的にぎっくり腰の再発を繰り返したり、といった感じです。

この場合、生活習慣の見直しとともに、心のケアが有効なケースが多いです。

ぎっくり腰に対する恐怖感や、痛みのイメージなどを癒やすことで、再発リスクが大きく下がります。

ご予約はコチラからどうぞ

スマホからタップすると電話発信

インターネット予約

今月の営業カレンダー

今月の営業日

整体オフィス空流-くうる-
〒610-1152
京都府京都市西京区大原野北春日町857-2
電話番号 050-1386-3826【完全予約制】

営業時間:10時~20時
定休日:日曜日 /駐車場完備