胃の不調の原因はストレスとアレルギー

2022年1月8日感情療法アレルギー,胃の不調

胃が重たい

胃の不調をダイレクトに診れる整体サロンは全国的にもほとんどありません。

肩こり腰痛のような筋肉のトラブルと違って、胃は外側から触れられないため、原因を調べることも施術することもできないのが現状でしょう。

当オフィスでも、開業当初は内臓の不調に対しては有効なアプローチができませんでした。

胃に関連する神経系を整えたり、胃の反射点をもちいて間接的に回復を後押しすることしか方法がなく、現在のように胃の不調の原因を調べたり、解消したりする施術は不可能だったのです。

しかし、感情療法をベースとするヒーリングメソッドが確立してからは胃腸系のトラブルに対する施術が不可能ではなくなりました。

胃の不調の原因

胃の不調

胃の不調と言えば、

  • 胃痛
  • 胃もたれ
  • 膨満感
  • 食欲不振
  • むかつき

など、さまざまですが、胃の不調の原因として一番多いのはストレスです。

胃を弱めるストレス

ストレス

胃に影響するストレスの最右翼はガマン考えすぎです。

嫌なことをガマンし続けていたり、腹立つけど受け入れようとしたり、

あるいは考えても仕方のないことをグルグルと考え続けたり、先の心配ばかりしていたりしていると、

胃につながるエネルギー経路である胃経や、みぞおちのあたりにあるソーラチャクラと呼ばれるエネルギーの出入り口が滞ってしまい、胃の元気がなくなります。

この場合、ストレスによって胃まわりのエネルギーが弱っていることが胃の不調が自然治癒しない根本原因なので、ストレスとなっている感情を解消することができれば、胃の不調も一気に解決へと向かいます。

空流では、感情療法ヒーリングによってストレスとなっている感情をエネルギーレベルから直接リセットします。

アレルギー性の胃の不調

こちらも多いのですが、アレルギーによって胃の調子が悪くなっていることもあります。

ここでの「アレルギー」とは、西洋医学でのアレルギーとは少し解釈が異なり、もっと広義の、一言で言うならエネルギーレベルでの拒絶反応のようなものです。

たとえば、食品のアレルギーがあると、主に食後に、

  • 胃痛
  • 胃もたれ
  • 強烈な眠気
  • だるさ
  • 集中力の低下
  • 肩こりや腰痛
  • 鼻づまり
  • 肌のトラブル

などの不調が表れることがあります。

この場合、ストレスがなくても、拒絶反応を起こしているものを食べるたびにエネルギーが乱れてしまい、胃の具合が悪くなります。

解決策は、食品に対するエネルギー的な拒絶反応を解除することです。

胃の不調が回復するまでの期間

回復

胃の不調は、整体オフィス空流では比較的ご相談の多い症状です。

回復までの期間は、胃の不調を感じてからの期間が短いケース(数日~1ヶ月ほど)であれば、一度のヒーリングでほぼ問題ないくらいまでラクになることが多いです。

数年~数十年と胃の不調が続いている場合は、もう少し原因が複雑になっていることばほとんどなので、数回の施術が必要になることもありますが、総じて胃の不調は改善率が高いです。

食事に気をつけても、クスリを飲み続けても、なかなか胃の不調が改善しなくてお悩みであれば、下記フォームより気軽にご相談くださいませ。

※胃の不調を解消されたい場合は、感情療法コースへお申し込みください。

ご予約はコチラからどうぞ

インターネット予約

スマホからタップすると電話発信

今月の営業カレンダー

今月の営業日