m-RNAワクチンの是非について

ブログ

過熱する新型コロナ騒動について当初より疑問に思うところがあり、この一年、自分なりに情報収集してきましたが、

その内容をほぼ網羅しつつ、わかりやすく解説されている動画があったので、シェアします。

日々の情報収集先がテレビと新聞、インターネットもYahooニュース程度の方には信じられない内容かもしれませんが、

政府が勧めているから、
みんな射つみたいだから、、
まわりに非難されるから、、、

難しいことはわからんけど、副反応リスクより感染が怖いから、それ以上に世間の目が怖いから、とりあえず射っておこう

と安易に接種を決める前に、少しだけ時間をとってご覧になることをオススメします。

その上で、ご自身でm-RNAワクチンの是非を考えていただければと思います。

▼動画はコチラ
https://bit.ly/2SjfDru

m-RNAワクチンは遺伝情報に影響する!?

ワクチンに限らず、健康に関する情報に対しては必ず肯定派・否定派の双方の主張をチェックします。

今回も国内外を問わず、専門家から一般の方まで、随分いろいろな人の意見を探りました。

その上で、個人的に一番気になるポイントは、m-RNAワクチンによる逆転写の有無に対する見解です。

厚生労働省のホームページには、
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0008.html

m-RNAは数日以内に分解されるからm-RNAによってDNAが書き換えられることはない、と書かれていますが、この情報については様々な意見があります。

ワクチン肯定派は、DNA→mRNAは一方通行だから、ワクチンによって、mRNA→DNAというように、人間の遺伝情報が書き換えられることはありえない、と主張していますが、

ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学の研究者らが、mRNAワクチンによって、m-RNA→DNAの逆転写が起こる=遺伝情報が書き換わる可能性を示唆しているように、m-RNAからの逆転写のリスクを主張する声もあります。
https://blog.goo.ne.jp/fromfutureponofview/e/f3ff3594e7b939bc6b9ffb246d9bb601

紹介先の動画では、永続的に体内でスパイク蛋白が作られ続けると主張されているので、後者の立場を取られているようです。

ぼくは専門家ではないので、どちらの主張が正しいのかを断言することまではできませんが、少なくとも現時点で、m-RNAワクチンは安全!とまでは考えられません。

大手メディア以外の情報にも触れてほしい

こういった情報をシェアするのは、正直ためらいもあります。

もし、m-RNAワクチンが危険なら政府や自治体が推奨するはずがない!医者や大学教授がワクチンを勧めてるから多少のリスクはあれど大丈夫に違いない!と信じて疑わない方もおられます。

そういった方々からすれば、ワクチンに対して否定的な声を上げる者は、デマで恐怖を煽ってるだの、やれ陰謀論者だの、やれ異常者だのと、偏見の目で見られる恐れがあるからです。

結局、どの情報が正しいかなんてのは後々になってみないとわかりませんが、

それでも、空流のクライアントさんや大切な家族や友人には、少なくとも、テレビや新聞以外の色々な情報に触れた上で、慎重に判断してほしいという想いから思い切ってシェアしました。

ご予約はコチラからどうぞ

インターネット予約

スマホからタップすると電話発信

今月の営業カレンダー

今月の営業日

整体オフィス空流-くうる-
〒610-1152
京都府京都市西京区大原野北春日町857-2
電話番号 050-1386-3826【完全予約制】

営業時間:10時~20時
定休日:日曜日 /駐車場完備

ブログ

Posted by yuuki