ゆがみは根本原因ではない

2018年2月3日ブログ

一般的な整体院では「ゆがみ矯正」を重視します。

ゆがみが慢性症状の原因だと考えられているからです。

  • 姿勢不良
  • 偏った体の使い方

などの理由により、

  1. 骨格がゆがむ
  2. 症状の原因はゆがみ
  3. ゆがみ矯正すれば治る

と説明されることが圧倒的に多いです。

この説明が100%間違っているとまでは言いませんが、真実を言い表しているとも思えません。

ゆがみ=不調ではない

と言うのも、施術家であれば一度は目にすると思いますが、施術現場では、

  • ゆがみがないのに痛い
  • ゆがみがあるのに痛くない

という方が存在するからです。

これを素直に解釈すれば、「ゆがみは症状の本質的な原因ではない」という結論にたどり着きます

まったくの無関係とまでは言いませんが、少なくとも根本原因ではないでしょう。

では、何が根本的な問題なのでしょうか?

当オフィスが考える、慢性症状の本質的な原因はエネルギーの乱れです。

いきなりエネルギーと言われてもピンとこないかもしれませんが、

私たちのカラダのまわりには、目には見えないエネルギーが何層にもわたって存在します。

それらのエネルギーは、

  • ストレス
  • アレルギー
  • 生活習慣の乱れ

などの影響を受けてバランスを崩してしまいます。

一時的であれば問題ありませんが、バランスが崩れた状態が長く続くと、その影響で内臓が疲れてきます。

骨格のバランスを維持する筋肉は内臓と密接に関わっているので、

内臓が弱るとともに関連する筋肉も弱ってしまい、結果的に「骨格のゆがみ」という形で表れるのです。

つまり、
<ゆがみは原因ではなく「結果」である>

整体オフィス空流では、このように考えています。

 

ご予約はコチラからどうぞ

インターネット予約

スマホからタップすると電話発信

今月の営業カレンダー

今月の営業日

ブログ

Posted by yuuki