ゆがみと内臓の関係

2018年2月3日ブログ

huchou2

ゆがみの本質はエネルギーバランスの乱れです。

ただ、エネルギーと言われてもわかりにくいので、目に見える世界に置き換えるとすれば、ゆがみは内臓の状態を表しているとも言えます。

たとえば、

  • 大腸が弱ると骨盤がゆがむ
  • 胃腸が弱ると背骨がゆがむ
  • 肺が弱ると猫背がちになる etc.

というように、内臓が弱るとカラダはゆがむのです。(あまり知られてはいませんが)

ここで大切なのは、あくまでもゆがみは表面上に現れている「結果」であって、不調の原因ではないということです。

骨格矯正で外側からゆがみを整えると、一時的にはラクになります。

しかし、ほとんどのケースにおいては、一週間もしないうちにカラダのゆがみは出てきますし、痛みやコリの不調も再発します。

これは内蔵を弱らせている原因が解消されていないからです。

内蔵を弱らせ、引いてはゆがみの原因となっているのは、ストレスやアレルギーなのか?あるいは食生活などの生活習慣の問題なのか?

そこを改善しないかぎり、いくら骨格矯正を繰り返しても根本解決にはいたりません。

ゆがみそのものよりも、そもそも何が原因で内蔵が弱っているのか?について考えることが重要なのです。

ご予約はコチラからどうぞ

インターネット予約

スマホからタップすると電話発信

今月の営業カレンダー

今月の営業日

整体オフィス空流-くうる-
〒610-1152
京都府京都市西京区大原野北春日町857-2
電話番号 050-1386-3826【完全予約制】

営業時間:10時~20時
定休日:日曜日 /駐車場完備

ブログ

Posted by yuuki