ストレスを感じること自体は誰にでもあることです。むしろ、当たり前のことだと言っても過言ではないでしょう。

しかし、そのストレスがいつまで経っても消えないとなると問題です。

ストレスの中には時間とともに自然に消えていくものもあります。

その一方で、トラウマのような強大なストレスや何度も繰り返されるストレスの中には自然には解消されないケースも多々あります。

そのようなストレスを放置すると、精神面・身体面に様々な影響が出てきます。

このページでは、

  1. ストレスが溜まるとは?
  2. ストレスの浄化とは?
  3. 感情療法によるストレスの浄化
  4. よくあるストレスの例
  5. ストレスによる身体症状

などについて解説しております。

 

1.ストレスが溜まるとは?

ストレスが溜まるとは、ネガティブな感情のエネルギーが体内に溜まっている状態だと考えています。

この状態だと、ストレスの元となっている出来事について考えるだけで、当時の嫌な感情が蘇ってきます。

もっとも、そのような経験は誰にでもあるので、少しくらいであれば問題はないでしょう。

しかし、あまりにも大きなストレスあるいは多くのストレスを抱え込んでしまい、ストレスのエネルギーが心身の許容量を超えてしまうと、

  • イライラしやすくなる
  • 常に気分が沈みがちになる
  • 意欲がわかなくなる
  • ネガティブ思考になりやすい
  • 自己嫌悪に陥りやすくなる
  • 慢性的なカラダの不調 etc.

など、ココロとカラダに様々な影響が出てきます。

 

2.ストレスの浄化

「ストレスの浄化」なんて聞くと身構えてしまいますが、難しいことではありません。実は誰にでも経験があることなのです。

たとえば、友人とケンカをしたとします。あまりにも腹が立つため、一週間経ってもケンカしたときのことを考えると当時のイヤな気持ちが鮮明に蘇ってくる。

これはストレスのエネルギーが体内に溜まっているからです。

しかし、時間が経つにつれて少しずつイヤな感情が減ってゆき、気が付けば、

「あのときは腹がたったけど・・・今は気にならへんわ」という状態になっていることもあるでしょう。

これは自然にストレスのエネルギーが抜けたからです。ストレスは、そのエネルギーが抜ければ感じられなくなるのです。

 

3.感情療法によるストレスの浄化

とは言うものの、すべてのストレスが自然に抜けるわけではありません。

大きなストレスや繰り返されるストレスの場合、何年、何十年も前のストレスであっても鮮明に感じられる―――というケースも少なくありません。

このような自然に消えないストレスを解消するため、感情療法では、特定のストレスに焦点を合わせ、エネルギー・ヒーリングで集中的に浄化します。

浄化にかかる時間は、一つの感情につき平均10~20分ほどです。複数ある場合はストレスの数だけ浄化を繰り返します。

ストレスの浄化が完了すると、それまで感じていたネガティブな感情が不思議と感じられなくなります。

記憶がなくなるわけではないので、出来事そのものは覚えているのですが、そのことについて考えてみてもイヤな気持ちが湧いてこなくなるのです。

シンプルなストレスであれば、30分から一時間もあれば、ほとんどリセットできます。

一方、何年もかけてジワジワと積み重ねられた複雑なストレスの場合は、薄皮を剥いでいくように少しずつリセットしていく必要があるので、それなりに時間がかかります。

どのくらいの時間を要するかは個人差がありますが、整体オフィス空流-くうる-では、最終的に全てのストレスは解消可能だと考えています。

 

4.よくあるストレスの例

①対人ストレス

一番多いご相談です。特定の人物の「言葉」「行動」「態度」などに対してストレスを感じてしまうというケースですね。

男性は職場でのストレス、女性は家庭関係や育児に関するストレスのご相談が多いです。

☆家庭でのストレス

  • 夫に対してイライラすることが多い
  • 子供が言うことを聞いてくれない(育児ストレス)
  • 親戚関係のストレス etc.
☆職場でのストレス

  • 上司に対する不満
  • 同僚へのイライラ
  • 職場環境へのストレス etc.

 

②自分へのストレス(自己否定)

自分自身に対してストレスを感じてしまっているケースです。

「自分が情けない」「自分が好きになれない」など、自分自身を否定してしまうような感情を解消します。

☆よくあるストレスの例

  • 私は母親失格だ
  • 仕事ができない自分が情けない
  • 自分に自信が持てない etc.

 

③不安、プレッシャー

健康面や経済面など、将来に対する不安を解消したいというご相談です。

ほかに、面接や試験、アスリートの試合前のプレッシャーなどを和らげたいというご相談もございます。

☆よくあるストレスの例

  • 病気になったらどうしよう!?
  • これ以上、太ったらどうしよう!?
  • 本番でミスをするのが怖い
  • 将来に対する不安

 

④過去のトラウマ

思い出すだけでツラくなる過去の記憶(トラウマ)で悩まれているケースです。

人間関係のトラブルだけでなく、過去の大きな失敗、交通事故やスポーツに関するトラウマなどもご相談可能です。

☆よくあるストレス

  • 幼少期のトラウマ
  • イジメの記憶
  • 交通事故の記憶
  • 忘れられない失敗(スポーツや発表会など)
  • 恋愛のトラウマ

 

5.ストレス由来の身体症状

病院あるいは整体などに通っても思うように改善しないカラダの症状の場合、ストレスが原因となっているケースがあります。

感情療法では、そのような身体症状についてもご相談可能です。よくあるご相談内容としては、次のようなものがございます。

  • 慢性の痛みやコリ
  • 胃腸のトラブル
  • 不眠症
  • 花粉症
  • アレルギー etc.

この他にも、感情療法では心と体のあらゆるトラブルについてご相談可能です。

※あらゆる問題に試すことができますが、100%の効果を保証するものではありません。

※医療行為ではありませんので、病気の疑いがあるときなどは必ず先に医療機関を受診ください。また、病院での治療を自己判断で中止されないようにお願い申し上げます。

 

 

net-yoyaku

net-yoyaku