tourui

「盗塁するとき、うまく足が出ないんです」

中学で野球をやっている男の子からの相談です。

足や腰に痛みがあるわけでもないのに、
試合で盗塁をするときに限って、
うまく走れなくなるというわけです。

それ以外では問題なく走れるということから、
これは心理的な問題である可能性が高いです。

いくつか検査をしてみると、
彼の場合、

盗塁を失敗したときのイメージが頭に焼き付いてしまい、
それによって無意識にカラダが萎縮してしまうことで、
うまく走れなくなってしまったようです。

この場合、いくら強い気持ちで頑張っても
失敗のイメージが強く残っているうちは、

アクセルとブレーキを同時に踏んでいるような状態
であるため、なかなかうまくいきません。

そこで施術は、

  • 失敗のイメージ
  • 失敗への恐れ(ストレス)

を消すことを中心に行いました。

施術後は、盗塁を失敗するイメージが浮かばなくなり、
同時に恐怖心のような気持ちも感じられなくなった
ので、
おそらくパフォーマンスも改善するでしょう。

 

今回のケースに限らず、

  • パフォーマンスが伸びない
  • 調子を崩してしまっている

というような場合、

パフォーマンス改善のために必要なのは
努力と根性で頑張ることだけではありません。

すでに目一杯まで踏み込んでいるアクセルを
さらに踏み込もうとするのではなく、

気づかぬうちにブレーキとなっているものを探り出し、
取り除くことが、早期にパフォーマンスを改善させる秘訣です。

ブレーキとなっているものがなくなれば、
必要以上に気負わなくとも自然に本来の
パフォーマンスが発揮できるようになります。

 

<後日談>
その後、盗塁のときでも、いつも通りに走れるようになったとの
ご報告をいただきました^^

 

net-yoyaku

net-yoyaku